本日8月31日、ルノージャポンより新型メガーヌR.S.が発売されましたね。

https://www.renault.jp/car_lineup/megane_rs/index.html

満を持しての日本導入。これを待ち続けていた方も多いことと存じます。

プライスも内容を考えればよく頑張って頂けたと思えるところですので日本向け初期ロットは即完売になりそうです。

新しいルノーのクルマが登場するとヱンスウプロダクツと致しましてはそのキーの形状が気になるところ。

すでにノーマルモデルのメガーヌは去年に日本導入になっており、それに加えてカジャーも共通のキー形状です。

ルノーはこのキーから全く新しい形状のスマートキーになっています。ルーテシア4、メガーヌ3などの様にキー自体をスロットに差し込む必要もありません。

携帯しているだけでドアのアンロックができる正真正銘のスマートキーです。

さてさてこのスマートキー。。。。

これまたルーテシア4等のカードキーに勝るとも劣らない難物ですなのです。

以下左がルーテシアのカードキー、右が新しいメガーヌなどのスマートキーです。

大きさは似た様な感じですが、厚みがあり片面は弧を描いています。ちょっと薄めのマウスのようなキーです。

見た目これはこれで格好は良いと思うのですが、このキー、全くキーホルダーやストラップなどを取り付けられそうな「穴」がありません。

おまけに物の大きさに比べて非常に軽く、嵩高いけど持っている実体感がないとう言うなんとも不思議なキーなのです。

ですので大概の人は携帯するのに戸惑いを覚えると思います。

年初より、ヱンスウプロダクツはこのスマートキーに対応するキーケースを開発して参りました。

自分に課したテーマは

1.ストラップなどが取り付けられる

2.キー自体が持つ優美なフォルムを極力活かす

3.ケースに入れることによって視覚的にも触感的にも価値が上がる

4.容易にマネのできない収納時のフィット感とそれを生みだすための構造

5.美しいデザイン

です。

このハードルをクリアできれば思わず使ってみたくなる専用のキーケースができるはず、と言う信念のもとに試作と改良、微調整を繰り返した結果、予定より3ヶ月遅れでようやく納得のいくプロトタイプが完成致しました。

試作品たちの一部です。

現在、10月のFBMでの発売を目処にスケジュールを進めています。

まだ今日の段階では全貌はお伝えできませんが、近日中にプロトタイプの画像をアップ致します。

カラーにつきましても新しいメガーヌR.S.のイメージカラーであるオランジュトニックもラインナップに加える予定です。

今後発表されるルノー車のキーはこれに置き換わっていくはずですので、ヱンスウの新しい顔になるアイテムとして心血を注いだ作品です。

発売までの期間、このブログで開発時のエピソードや魅力を紹介して参りますのでチェックよろしくお願い致します<(_ _)>